2006年08月15日

脳ミソ溶けてる

前回からかなり日が経ってますが、続編。
続けたかったわけじゃないけど、なぜか続編。



前回

『今も俺のこと愛しててくれてありがとう』



とかわけのわからんこと抜かした男からまた連絡が。
いつもは一回断ったらしばらーく連絡してこないのに
今回はしぶとい&しつこい。
内容も前回からちっとも変わらず「会いたい」の一点張り。
脳みそ溶けちゃったのかしらーとか思いながら

「結婚するんでしょ。」

ってカマかけたら

「うん…。」

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!


↑探してきた


あきれきって言葉も出ない私に対し
何を勘違いしたのかアフォ男は

「結婚しても会いに行くから!」
「連絡するから!」
「絶対忘れたりしないから!」

ってー。
なに企んでるのかしらうふふー。
私の話は聞こえてるのかしらー。
なんか他にも

「愛人ていったら聞こえが悪いけど…お前を愛してるんだ!」

とか寝言を言ってた気がする。
これを愛人といわなくてなんと?


なんか、もういいけどさ。
私に付き合ってる人がいるかとか考えたこともないんだねぇ。
いつまでもいつまでーも私が自分の事を好きでいると思ってるんだねぇ。
11月に結婚するんだから少しはまっとうに生きようよ。




いやーごめんねぇ。
自分の事いつまでも好きでいてくれてると思ってた女が
先にさっさと嫁にいっちゃって。
あっはっは。


来月結婚しまーす。
posted by さら at 23:40| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

揃いも揃って

こないだ結婚した元彼からまた電話が来た。
めんどくさいから出なかった。
どうせ用事なんてないはずだし。
でもほっといたらまたかけてくると思ったから
確実に家にいる時間(奥さんが傍にいて電話できない)にメールした。
そしたら案の定
「別に用事はないんだけどどうしてるかと思ってさぁ」

どうもしてませんが。
適当に返信して放置。


次の日、別の元彼からメールが来た。
「元気?久しぶりに会いたいんだけど…」


え?


聞こえなかった。




ことにしたい。






こいつ、二股かけやがってしかもそれが瞬時にバレて即別れた人。
その後何もなかったようにその片割れと付き合って
今も続いてるくせに何考えてんだろ。
どういうつもりでそんなこと言ってるのか探ってみたところ
こいつ、まだ私が自分の事を好きでいると思ってるらしい。


『今も俺のこと愛しててくれてありがとう』


て言われたんすけど。


何を言ってもわかってくれなさそうだったので
そのまま勘違いさせっぱなしにしておくことにしました。



つーか、別れた男にいまさら用なんてないんだけど。
別れても友達付き合いが続くほどキレイな別れじゃないし。
だいたいキレイな別れって何よ?(←自問自答
一人目の方は100歩譲っていいとしよう。
学生時代の共通の知り合いもいるし
なにか用事があるときくらいは連絡とってやってもいいさ。
今回みたいなのは論外だが。
それよりなにより二人目の方。
二度と会う必要も連絡とる必要もないですよね?
そのありえない自信はいったいどこからくるのかと
小一時間問い詰めたい。




あ、いや、やっぱ話したくない。




別れちゃたらその人のその後のことなんてどうでもいい。
別に結婚してようと子供がいようと死んでようと
私にはなーんにも関係ないし。
まぁ友達との会話のネタに「今何してんのかな」
くらいは思うこともあるかもしれないけど
連絡とろうとは思わないしとりたいとも思わない。
まして自分の事をまだ好きでいてくれてるだろうなんて
どうやったらそんな考えに至るのだ?


私が薄情なのかね。
薄情でかまわんがね。
うひひ。









何も知らないのほほんな彼女にメール転送してやろうかな。
posted by さら at 19:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

妊婦の愚痴

あ、私が妊婦なわけではありませんので念のため。


こないだの連休に友達の所に遊びに行きまして。
彼が出来たよと話してあったため
「つれて遊びに来い」
と前々から指令が出てたので行って来ました。

ちょうどGWに行くよと話す前に
妊娠した話を聞いていたので
旦那実家の愚痴もあるだろうと予想していたけど
まぁすごかった。

彼女は結婚して地元を離れたから
今住んでるところで友達は多くはないしね。

つわりで具合悪いかと考えつつもお土産に
シュークリーム持っていったら
「気持ち悪いけどなんでも食べれる」
とわけのわからんことをいいつつ
ガンガン食べる彼女は強いなと思った。

ちょっと顔出してすぐに帰るつもりだったんだけど
気がついたら3時間もいたよ…。
久しぶりでしゃべりすぎたな〜。
「胎教に悪いから 笑」って我慢してたみたいだけど
我慢してる方がストレス溜まって体に悪いはず。
マシンガントークで話し続けて
彼が隣で若干引いてた気がするけど気にしない。

友達にも好印象だったようだし、彼からも
「さらの友達はみんなおもしろいよね…」
って褒められたしよかったよかった。
posted by さら at 18:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

判明

春だからと桜にしてみたら
なんだか思いのほかメルヘンチック。




向かいの女が私に敵対心を持ち出した理由が
なんとなーくわかってきた。
うちの職場の男性の比率

オヤジ:若い男
 7 : 3 

つまり、オヤジに気に入られてる私のほうが
男にかまわれる回数が必然的に多いということになる。
しかも若い男は下心ありありだから
仕事中露骨に話しかけたりはしない。
二人になるべくコソコソ動く。
でもオヤジは何にも考えてないから
仕事中だろうと飯食ってようとお構いなし。
だから彼女からするとじぶんより更に
私がちやほやされてるように見えるらしい。
相手は小汚いオヤジなのにねー。
仕事を割り振られる時も
私のほうが多く振られるのが気に入らない彼女。
しょうがないだろー。
タバコ吸ってトイレ行ってお茶飲んで
お菓子つまんでちょろっと仕事して
若い男が歩いてたら吹っ飛んで行って
ベラベラしゃべって
お前に頼むと仕事が進まないんだよ。 
アンタ気づいてないでしょ?
一旦上司がアンタに頼んだ仕事
廊下で男とベラベラしゃべってるうちに
上司が私に回してること。
なのになんで私には頼んでくれないのって
あほか。早く失せろ。
頼むから早く辞めてくれ。
posted by さら at 16:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

比例して

うすうす感づいてはいたんだけれど
最近向かいにいるバイトさん(女26歳独身)が
若い社員たちを続々ひっかけ始めている。
つーか、ひっかけた成果が出てきている。
若い奴らは
ミエミエの手口に引っかかり
次々痛い目を見ているらしい。
痛い目見る前に気づかないあたりが馬鹿なんだけど
痛い目見てもイマイチ気づけてないらしい。
ウザっ。


それに比例して
私の周りにはオヤジ達が集まってくる。
どうやら私はオヤジ担当らしい。
ただでさえ厄介なオヤジがいっぱいの課にいるのに
他の課のオヤジ達とも日に日に仲良しになってゆく。
異動で離れた部署に行った人は
私を見かけると嬉しそうにやって来て一声かけて去ってゆく。
そんな私を横目で見ながら
向かいの女は若い男が歩いてるのを察知すると
携帯をもって廊下に飛びだしてゆく。
アグレッシブ。


でも最近、オヤジと仲良しな私が気に入らないらしい。
オヤジも自分に向かないと嫌なのか。
勝手に敵対心もつのはやめてください。
私はあなたと張り合ってオヤジと仲良しなんじゃありません。
ぐあー!
うぜー!!
posted by さら at 18:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

祝いごと

昨日、昔付き合ってた人から電話がありました。

「結婚することになった」
「あら、お子がお出来になったんですね」
「はい…」
「ぎゃははははは!バーカ!バーカ!!バーカ!!!」
「バカっていうなー!」

と、こんな感じで。

この人からは1週間ほど前にも電話がきて
「彼女の生理がこないんだ…」
と相談を受けてたので予想通りもいいとこ。
私から妊娠についてのレクチャーを受けた元彼さんは
次に彼女に会った時に即検査薬を試させ
案の定陽性反応がでてそのまま病院に直行。
次の日に自分の親に話をしてその次の日に彼女の親に話をして
昨日うなだれたまま私に報告の電話をしてきたと。
開き直ったようでいて開き直れてない今にも泣きそうな声が
アホらしくて心底呆れた。

あんた子供好きじゃないのにねぇ。
早く仕事を辞めたい彼女ちゃんの作戦にまんまと嵌ったんじゃん?
彼女が仕事辞めたら元彼さんの実家に住むらしいけど
あんたの親と暮らすのは妊婦にはただただストレスになると思うよ。

って思ったことを全て飲みこんで
「まぁ、頑張れ」
といって電話を切った。

素直に喜べない結婚なのか?
私はそんな結婚したくねぇー。
私には散々
「お前は絶対デキ婚だな」
っていってたのーにーねー。

うひゃひゃひゃひゃひゃ。
posted by さら at 14:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

風邪っぴき

今テレビでR-1グランプリ見てたけど
優勝したのは博多華丸さんでしたね。
面白かったー。
この人どっかで見たことあると思って調べてみたら
とんねるずの番組に出てた人なんだね。
名前覚えてなかったけど思い出した。
普通の声も児玉清似なんだぁね。


先週からずっと風邪っぴきで水曜と木曜には
とうとう起き上がれなくなり仕事を休んでしまいました。
月曜と火曜に会議があったせいで1日一人で留守番だったんだけど
ひとっつも仕事しないで読書とネットに明け暮れた罰?
インフルエンザかなー?と思って病院に行ったら
「あなたの症状はインフルエンザとは真逆だね」
と言われちょっとがっかり。
検査もしてもらえなかったよー。
ふっとーい注射されてごっそり薬出されただけでした。
インフルだったら休めたのにーとか思いつつ金曜に仕事に行ったら
上司と隣の席の人がインフルでした。
なぜ私だけ違うんだ…。
posted by さら at 17:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

四面楚歌

いや、四方向もないんですがね。

お正月に、彼のおうちに遊びに行ったわけですよ。
えぇ、実家です。
お互い実家住まいなもので
遊びに行く=実家にお邪魔する
な方程式が成り立ちます。

正月でも朝から開いてる地元の菓子屋をチェックし手土産ゲット。
帰省で混み込みなうえ、雪のせいで大幅に遅れの生じたバスを
イライラしながら乗り継いで彼の住む町になんとか到着。
迎えにきてくれた彼車に乗ると速攻家に連行される。
緊張するからワンクッションおいてくれ(涙)
そんな私の気持ちも知らずに実家到着。
まずお母様に手土産渡しつつお邪魔しますとご挨拶をして
おじい様おばあ様にもこんにちはとご挨拶をして
向かいに住む1番上のお兄様の家に出向いて
奥様とお子さんにもこんにちはとご挨拶をして(お兄様は仕事で不在)
お正月で帰省していた2番目のお兄様御夫婦にもご挨拶をして
つまり家族全員に紹介されてご挨拶を済ませてきました。
2日間彼のおうちに滞在して3日目に彼の車で私の家へ。
我が家でも途中で買った手土産渡しつつ母と彼対面。
ばあちゃんとも対面。
愛犬タケシとも対面。
普段男をあまり見ないタケシはビビって震えてました。
そんな感じで両家の家族との対面終了。

家族に会わせてくれたのはとっても嬉しかったの。
私の家族に会ってくれたのも嬉しかったの。
隠されてない証拠だもの。
前はひたすらに隠されてたからね。(他にも女がいたから)←発覚後即別れた
でもね
でも
お互い家に帰った途端母親に
「いつ籍入れるの?」←結婚するの?じゃないとこがポイント
って聞かれて自分達のした事の重大さに気がついたわ。
手土産持って実家にご挨拶って
そういう風に取られても仕方がないものなのね。
私達何も深く考えずに
「お正月にお邪魔するし〜」
「初対面だし〜」
って思ってたんだけどそれじゃ済まされないのね。

なんてことに今更気づいた25の冬。


追伸
昨日、彼のお母様が
「ぜくしぃ」を買って帰って来たそうです。
posted by さら at 19:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

とばっちり

あ、あけましておめでとうございます…

新年早々友人の恋愛のごたごたに巻き込まれておりました。
いやまだ巻込まれ真っ最中なんですが。
いい年なんだから、自分らで解決していただきたい。

親がいい顔しないから後ろめたいとか
結婚したいから誰かと付き合いたいとか
彼と別れたばっかりで淋しいからバカな男の誘いにのるとか


しるかー!!


親がいい顔しないのは、あんたがちゃんと紹介しないからでしょう。
後ろめたいからって隠すから余計にでしょう。
親とむき会うことから逃げてるからでしょう。
結婚したいなら積極的に出会えばいいでしょう。
紹介にばっかり頼るから見つからないんでしょう。
つーか、周りほとんど彼氏いない子ばかりなのに
そんないい男紹介してもらえるわけないでしょう。
結婚したいなら相談所にでも行って登録すればいいでしょう。
フタマタかけられて許せなくて別れたのに
淋しいからって声かけてきたバカ男と不倫してんじゃ同じでしょう。



ああ、疲れる。
posted by さら at 16:53| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

はなげ

今日外に出たら鼻毛が凍りました。
玄関にある温度計を確認したら−16℃。
鼻の中ぱりぱり。


つい先ほど、クーリングオフの手続きを済ませました。
いや私がおかしな物を買ったんじゃなくて。
親戚のおばちゃんが明かに怪しげなネックレスとブレスレットを
約50万円にてお買い上げ。
うひー。

おばちゃんは80歳近くておじさんは10年くらい前に他界。
引き篭もりの役に立たない息子が一人と
引き篭もってたけどおじさんが亡くなったから
渋々親戚の所に働きに出てる息子の3人暮らし。
そのせいなんだかしょっちゅう怪しい業者が尋ねてきては
床下の工事だとか屋根の修理だとか布団だとかの契約を持ちかける。
おばちゃんもよくわかってないから
「早く直さないと!」って言われたら「じゃあ…」って言っちゃって
何回かこの手の詐欺に引っかかってるらしい。
そして業者に目をつけられているらしい。
今回はその中でも頻繁に訪れている
白蟻退治で有名な『キャ○ツ』という会社の商品。
だってあれはどう見てもいいとこ5000円。
げるまにうむがなんとか言ってたけど、アルミじゃねぇの?ってくらいちゃちい。
そんなちゃちいものをおばちゃんに売りつけて帰っていきやがった。
なんでわかったかって言うと、普段してないものを身につけてたから。
おばちゃんはお隣に住んでいて
ほぼ毎日、うちのばばとおしゃべりをしに我が家へやってくる。
その時にばばが発見、マイマザーに通報。
マザーが「手伝ってあげるからクーリングオフしよう?」
と説得するも騙されたことが恥かしいみたいで
「いいのいいの、大丈夫」と言って聞かない。
夜、帰宅と同時にマザーからの通報を受けた私。
「早くしないとできなくなる!あんたやってよ!」
自分が手伝ってあげるっていっておきながら人に押し付ける。
仕方ないので早速お隣に押しかけ
「私がやってあげるからクーリングオフしよう」
と言うとあっさり了承。
昼間ばば&マザーに言われて考えていたようです。
こういうことは知識あるだけの小娘よりプロに頼むのが1番!
ということで行政書士検索。
東京のお手ごろな方をチョイスしメールで依頼。
速攻お返事がきて依頼を受けていただきクーリングオフ完了。
本社にも電話をして
「家族のものですぅ〜黒ハート
つって威嚇もしといた。
年金で暮らしてる人間騙すなんて次来たら覚えてろよあんにゃろう。
ってか二度とくんなバカやろう。


こういうのは引っかかる方が悪いんじゃない。絶対ない。
年よりの好意や弱みにつけこんで騙す気マンマンでやってくるんだもん。
そういうのを家族なり周りの人間がフォローしてあげられるといいんだけど
騙された方は自分が悪いと思っちゃって泣き寝入りしたり
家族にばれたら怒られるからって隠したりする人もいるみたい。
今回気づけたのは運がよかったのかなと思う。
おばちゃんは何回も何回も面倒かけてごめんねって言ってたけど
面倒なんてかけてもいいから隠さないで欲しいよ。

ちなみに書士さんにお支払いした報酬は郵便料込みで2万ちょいでした。
posted by さら at 19:14| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。